ミニロボット掃除機MOCORO(モコロ)は掃除機として使えるのか!?

↓↓ 実際にモコロを作動して部屋の掃除をしてみました。

最近はロボット掃除機が流行っていますよね~。

最新のルンバとかってめっちゃ性能が良いですよね。
充電がなくなると自分で勝手に充電器に戻って充電したりすごい機能が盛りだくさんです。

でもその分、めっちゃ値段が高い!!
7~8万円しますもんね~

さすがに掃除機でそこまでは払えないよ・・・
(;´д`)トホホ…
 

そんな方にオススメなのがこちら!!

ミニロボット掃除機MOCORO
マイクロファイバーモップボール モコロ

モコロ
表面をモップのカバーで覆ったボールです。

自動でコロコロと転がって部屋を掃除してくれるロボットです。

設定では宇宙からやってきた謎の宇宙人ということになっています。
モコロ
 

モコロ4つのポイント

ミニロボット掃除機MOCORO
1.約15分で1~2畳のホコリをしっかりキャッチ
2.カンタン操作
3.サウンド機能付き
4.お手入れラクラク

スイッチを入れると15分間ランダムに転がり続けます。
カバーが汚れたら本体から取り外して水洗いすることができます。

 
箱の中身は、モコロの本体、取り扱い説明書、お手入れブラシが入っています。
MOCORO

本体を分解するとこのようになっています。
モコロ

電源は単3電池3本使用します。
※電池は別売りです。
モコロ
 

取り替え用のモップカバーも別売りで販売されています。
モコロカバー

モコロ用のアクセサリーも別売りで販売されています。
モコロ専用アクセサリー

アクセサリーはモコロの本体に取り付けると一緒に掃除してくれます。
モコロ

スイッチを押すとスタートして約15分間ランダムに部屋の中を動きまわって掃除してくれます。
モコロのスイッチ

 

モコロの掃除機としての効果は!?

実際にモコロを転がして部屋を掃除してみると、15分後はこんな感じでした。
モコロ
 

見た目ではそれほどホコリをキャッチしているようには見えませんね。

でもコロコロの粘着シートで表面をなぞってみると結構ホコリが取れていることが分かりました。
モコロ

何気にやってくれますね~、モコロ!!
(*゚∀゚)

ペットとか子供のオモチャとして買う人も多いみたいですよ。

今回僕が紹介しているのは、カナリアイエロー(CZ-562-CY)です。
他にもフラミンゴピンク(CZ-562-FP)とベアブラウン(CZ-562-BB)があります。

価格は3,980円です。
 

>>楽天市場でミニロボット掃除機 【マイクロファイバーモップボール MOCORO】の価格をチェックする

>>Amazonでミニロボット掃除機 【マイクロファイバーモップボール MOCORO】の価格をチェックする

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. のび~るまごの手で背中の痒みを今すぐ解消

    秋から冬にかけて空気が乾燥してくると肌も痒くなってきます。そんな時期にあると便利なのが伸びるまごの手です。

  2. お風呂用皮脂取り「ゆくりん」ってどんなもの?

    お風呂のお湯の汚れの原因となる皮脂を吸着してくれる「ゆくりん」の使い方とメンテナンス方法について解説します。

  3. ボトル加湿器のボトルキューブって本当に加湿できるの!?

    ペットボトルに取り付けて使用する超音波加湿器のボトルキューブは本当に部屋を加湿できるのか!?

  4. ポテチの袋を閉じられるイージーシーラーを使ってみた!!

    一度開封したしまったポテチの袋を閉じることができる優れもの!イージーシーラーを使ってみました。テレビでも紹介されて人気の商品です。ダイソーで100円で買えるお手軽便利グッズです。

  5. 自撮り棒はボタン付きとリモコンタイプどっちを選べばいいの!?

    スマホで自分撮りをするときに大活躍してくれるセルカ棒こと自撮り棒のご紹介です。

  6. スペース暖シートで寒い冬でもぽっかぽかに過ごそう!

    NASAのために開発された特殊技術によって作られたスペース暖シートの暖かさを体感してみました。 アルミの特殊素材4層構造で自分の体温を反射して熱をキープする防寒シートです。

ページ上部へ戻る