自撮り棒はボタン付きとリモコンタイプどっちを選べばいいの!?

スマホで自分撮りをするときに役立つ便利なアイテムとして今爆発的に売れているのが自撮り棒です。

MonoPod(モノポッド)のセルカ棒とも呼ばれています。
テレビや雑誌などでも最近よく紹介されて話題になっていますよね。

観光地に行くとこれを使って記念撮影している人がたくさんいます。
それだけ便利に使えるってことですね。
 

自撮り棒には、棒のグリップのところにシャッターボタンが付いているタイプと、ボタンが付いていないタイプがあります。

自撮り棒

シャッターボタンが付いているほうが便利かと思われがちですが、使い方の用途によっては付いていないほうが便利な場合もあります。

僕は手元にシャッターボタンが付いていないほうのタイプを購入しました。
自撮り棒

シャッターボタン付きだと、たしかに手元で簡単操作できるので快適なんですよね。
自撮り棒

でもやっぱりブレやすいという欠点があります。

それに、ボタンが付いているタイプは充電式となっているので棒の末端部分がUSBケーブルの差し込み口になっています。
自撮り棒

それに対して、シャッターボタンが付いていないタイプは、棒の末端部分がネジ穴になっています。
自撮り棒

ここに三脚をセットすることができるんです。
三脚の上に自撮り棒を立てて、より自由な撮影が可能になるんです。
DSC_0420

リモコンセットでの販売もされているのでリモコンを使えばより自撮り棒の使い方の用途が広がります。
無限の可能性を秘めていますよね。

ちなみにリモコンは別売りですが、セットでの販売もされています。
僕は自撮り棒とリモコンのセットで購入しました。
自撮り棒

自撮り棒は棒の部分とヘッドの部分に分かれています。
自撮り棒

スマホをセットするヘッド部の角度は自由に可動させることができます。
自撮り棒

ヘッドをドッキングさせて、ここにスマホをセットします。
自撮り棒

スマホじゃなくてデジカメをセットすることも可能です。
自撮り棒

棒を伸ばすと最大で約115センチ伸びました。
自撮り棒

スマホのカメラのシャッターはリモコンで操作することができます。
スマホカメラ用リモコン

このリモコンがあるとかなり便利になります。

リモコンは電池式となっています。
スマホカメラ用リモコン

シャッターのリモコンはBluetoothで接続して使います。
スマホカメラ用リモコン

さっそく自撮り棒で自分撮りをしてみました。
自撮り棒

これからこの自撮り棒は大活躍してくれそうです♪

旅行好きな人や、Twitterとかフェイスブック、アメブロなどのブログをやっている人は必需品になりそうですね。
 

>>楽天市場で自撮り棒の価格をチェックする

>>Amazonで自撮り棒の価格をチェックする

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. ミニロボット掃除機MOCORO(モコロ)は掃除機として使えるのか!?

    ミニロボット掃除機MOCORO マイクロファイバーモップボール モコロ

  2. スペース暖シートで寒い冬でもぽっかぽかに過ごそう!

    NASAのために開発された特殊技術によって作られたスペース暖シートの暖かさを体感してみました。 アルミの特殊素材4層構造で自分の体温を反射して熱をキープする防寒シートです。

  3. 100円で買える折りたたみコップが何気に使える件!

    100円ショップのダイソーで買えるシリコン製の折りたたみコップが何気に便利で使えます!!

  4. 【ソニックアワー】本当に超音波でビールが泡立つのか!?

    タカラトミーから販売されている超音波でビールの泡を立てるソニックアワーの実力を実験検証してみた!

  5. ボトル加湿器のボトルキューブって本当に加湿できるの!?

    ペットボトルに取り付けて使用する超音波加湿器のボトルキューブは本当に部屋を加湿できるのか!?

  6. のび~るまごの手で背中の痒みを今すぐ解消

    秋から冬にかけて空気が乾燥してくると肌も痒くなってきます。そんな時期にあると便利なのが伸びるまごの手です。

ページ上部へ戻る