ライトグラフィカの撮影用照明機材LED600スクエア1灯セットのレビュー

室内で動画を撮影しているとね、
やっぱり気になるのが「明るさ」です。

晴れてる日の昼間は自然な光が入って問題ありません。

でも、曇っているときとか雨の日は
昼間でも暗く映ってしまうんですよね。

夜は部屋の照明を付けても
やっぱり暗く映ってしまいます。

暗い撮影シーン
 

動画編集ソフトでもある程度調整できるんですけどね、
やっぱり限界があるじゃないですか。

下手に明るさだけを調整しても
なんか不自然な感じの仕上がりになってしまったり・・・
 

そこで、前からずっと気になっていた
撮影用のLED照明機材を購入しました。

ライトグラフィカの撮影用LED600スクエア1灯セットです。

ライトグラフィカLED照明
 

いや~、もうね、まさしくプロッ!!て感じですよ。

プロの照明さんが使っているようなLED照明機材。
 

~ライトグラフィカ撮影用LED600スクエア1灯セットのレビュー~

■同梱物

ライトグラフィカLED照明6001灯セット

  • LED撮影照明CN-600HS 本体
  • 電源アダプタ
  • 調光アダプタ
  • ディフューザー(透明)
  • カラーフィルター(オレンジ、紫)
  • ホワイトフィルター(近接撮影用)
  • ライトスタンド
  • ソフトボックス(セットと別売り)

 

■開封します

さっそくLED照明の本体を開封していきましょう。

専用の収納バックに入った状態で届きました。

バックの中身は間仕切りがしっかりされています。

ケースの中身の間仕切り

すでにこの時点でテンション上がります。

専用ケースには取っ手も付いているので持ち運びに便利そうですね。

ケースの持ち手
 

これが本体の照明部分です。

発光部本体

このザラザラした質感がたまらなくプロっぽいです。

ザラザラした質感

バーンドアを開くと、600球のLEDが出てきます。

LED600球
 

LEDは明るいんだけど、
発熱が少なくて寿命も長いから使い勝手が良いんですね。

LED照明
 

横のレバーで角度を調整することができます。
角度調整レバー
 

背面はこんな感じになっています。

照明部背面

明るさを調整する調光ツマミ
調光ツマミ

リモコンでも調整することが可能です。
調光リモコン

別売りのバッテリーを買えばバッテリーで稼働させることも可能です。

ここにリモコンを収納できるプレートも付いてました。
リモコン収納プレート

調光リモコン収納
 

■ライトスタンド

ライトスタンドもセットで付いてきました。

エアークッション付きなので、万が一のときでも安心です。

ライトスタンド

脚元はかなり大きく開きます。
スタンドの脚を開脚

やっぱり照明機材はデリケートなので、安定感が大事ですよね。
 

スタンドの長さは収納時が約70cmです。
ライトスタンドを縮めた状態

一番伸ばした状態では、約240cmです。
ライトスタンドを伸ばした状態

かなり上まで伸びます。
 

■説明書とパンフレット

説明書とパンフレットも同梱されていました。

説明書やパンフレット

LED照明機材の正しい使い方や注意点など、
図解で分かりやすく解説されていました。

ライトスタンドの注意点

説明書

こういうのがあると親切ですよね。

僕のような初心者にとってはすごく助かります。
 

■調光プレート

調光プレートは4枚入ってました。

調光プレート

透明、白、オレンジ、紫

それぞれに発光の具合が異なります。


 

■ソフトボックス

「ワンランク上の撮影にはソフトボックスが必須」
と書かれていたので
ついでにこちらも購入しておきました。

ソフトボックス

LED600用のソフトボックスで、
簡単に光をディフューズできる組み立て式のソフトボックスです。
 

でもね、正直これは大失敗でしたね。

なんせ組み立てるのがめっちゃめんどい!!

説明書も英語表記なので、
どうやって組み立てればいいのかさっぱり分からず。

ソフトボックスの部品
 

おまけに組み立ててる途中で壊れるんじゃないかってくらいに、
強引にはめ込みましたからね。

毎回この作業をやるのはかなりの重労働です。

ソフトボックスの組み立て

ソフトボックスのドッキング
 

ってかさ、
調光プレートがあるんだから、
わざわざソフトボックスを組み立てる必要がないんですよね。

たぶん、これを使う機会はこの先なさそうです・・・

…(lll-ω-)チーン


 

~レビューのまとめ~

ソフトボックスは失敗でしたが、
LED照明機材には大満足でした。

やっぱりLEDは明るいし、
熱くなったりしないので安心して使えそうです。

エアークッション付きのスタンドも良い感じですね。
 

ただし、値段が高いです。

僕が買ったこのセットは7万円ほどしました。

Amazonとかで見ると、もっと安いLED照明があります。
 

でもね、安いLED照明だと、
冷却ファンの音がブーンって鳴り続けるって
けっこういろんな人がレビューしているんですよね。

それが気になったので、
今回は値段が高くてもこちらのライトグラフィカで買いました。
 

こちらのLED照明は長時間付けていても
まったく音がしません。

普通に問題なく使うことができました。
これからの動画撮影がさらに楽しくなりそうです♪

(*゚∀゚)
 

■ライトグラフィカLED照明の価格

楽天でLED600スクエア1灯セットの価格をチェック

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. 【ベルボンのミニ三脚】ウルトラ353ミニを購入

    ベルボンのミニ三脚、ULTRA353miniを購入しました。 コンパクトサイズなんだけど、頑丈な作りで重厚感があります。 本格的なミニ三脚って感じですね。 これがあると撮影が楽しくなりそうです。

  2. 【ソニーの高級コンデジ】サイバーショットDSC-RX100M3の魅力に迫ってみた!

    【ソニーの高級コンデジ】サイバーショットDSC-RX100M3を買いました。定価が88,000円の高級デジカメをド素人が衝動買いしてしまいました。いろんな機能が付いていて、めっちゃカッコイイですよ!

  3. ベルボンの自撮り棒ウルトラスティックセルフィを購入

    ベルボンの自撮り棒「ウルトラスティックセルフィー」を買いました。 伸縮がスムーズで使いやすく、丈夫で頑丈な安定感のある自撮り棒です。 高級コンパクトデジカメで自撮りするときもこれなら安心です。

  4. ソニー ジャケットケース(ブラック) LCJ-RXF-Bを装着

    ソニーサイバーショットDSC-RX100M3の純正ジャケットケースを購入。やっぱりね、高級デジカメには純正のジャケットケースが一番お似合いですよね。

ページ上部へ戻る