,

【ソニーの高級コンデジ】サイバーショットDSC-RX100M3の魅力に迫ってみた!

いきなりですが、高級デジカメを買ってしまいました。

定価が88,000円のデジカメです。
 

いや~、僕ねぶっちゃけ言ってデジカメなんて何でもいいじゃんって思ってたんですよ。

ってかさ、むしろデジカメがなくてもスマホで良い画質が撮影できますからね。

でも、やっぱりスマホはスマホなんですよね。

確かに画質は良いんだけど、操作がしにくいときがあったり思ったような画像が撮れなかったり・・・

たまに白っぽくなったりピントがボヤケたりして
 

そんなこともあって、やっぱりデジカメを買おうじゃないかって思ったんです。

でもね、僕はこれまでデジカメにまったく興味がなかったし、知識もなかったのでどれを買えばいいのかさっぱり分かりませんでした。

そこで、ネットでいろいろ調べてみることにしました。
 

最初は1万円とか2万円のお手頃価格のデジカメを買おうと思っていたんですよね。

ところが実際にいろいろ調べていくと、最近のデジカメっていろんな機能が搭載されているんですよね。

次から次へと目移りしてしまいました。

ビッグカメラとかヨドバシカメラとかの電気屋さんに行って実物を見ながら検討しました。

デジカメって、キャノンとかニコンとかいろんなメーカーがありますよね。
 

その中でも1番良かったのがソニーのデジカメでした。

他のメーカーって、どれも「カメラ!!」って感じでゴツイ印象だったんですよね。

でもソニーのデジカメは他のに比べて外見がスマートなんです。

スタイリッシュな印象を受けました。

そこで、カッコイイ~と一目惚れをしてしまったわけです。

さらに実際に操作して動かしてみると、レンズがビヨーンって伸びてきて、使いやすかったんですよね。

背面の液晶パネルの表示とかも、分かりやすい日本語で表示されていました。

これはド素人の僕にでも扱いやすそうだと思いました。
 

そんなこんなで、ソニーのデジカメを買うことにしました。

結局最終的に選んだのが、サイバーショットDSC-RX100M3という機種です。

RX100M3

これね、一年半前に出たモデルなんです。

今はこれよりもう一つ上位機種のM4が出ています。

でもね、M4は価格が10万円を超えるんです。
(; ・`ω・´)

さすがに10万を超えるとちょっとね~

M3とM4って何が違うの?って思って調べてみました。

そしたら、M4は今の最高画質の4Kが撮れるというのと、スーパースロー映像が撮れるということでした。

確かにそれは凄いけど、僕の使用用途はYouTubeとかにアップするくらいだから使わないし・・・

それに10万を超えると固定資産扱いになるので、経費として計上するときに面倒なんですよね。

減価償却扱いになるから、いろいろと面倒になってくるんです。
 

ということで、1個前のモデルのM3にしました。

それでも機能は十分すぎるほどですからね。
 

◆ソニーサイバーショットDSC-RX100M3を開封

まずはダンボール箱を開封
ダンボールを開封

RX100M3のパッケージ
RX100M3のパッケージ

RX100M3のパッケージ側面

RX100M3のパッケージ側面

RX100M3の箱を開封

RX100M3の箱を開封

中に入っているもの
RX100M3の箱の中身

説明書とか保証書、バッテリー、充電アダプタ、マイクロUSBケーブル、ストラップなどが入っていました。

リチャージブルバッテリーパック NP-BX1
バッテリーパック

充電アダプタ
充電アダプタ

マイクロUSBケーブル
マイクロUSBケーブル

Wi-Fiと接続して、スマホとかタブレットに画像を転送できます。
Wi-Fiの説明

スマホやタブレットをカメラのリモコンとしても使用できます。
 

◆ソニーサイバーショットDSC-RX100M3本体

DSC-RX100M3

DSC-RX100M3

底面にバッテリーパックとSDカードを入れるところがあります。
カメラ本体の底面

側面には、MIDI端子やHDMI端子の接続がついています。
カメラ本体側面

ここでメニューボタンやダイヤルなどの操作を行います。
メニューボタン

このカメラの売りでもある、電子ビューファインダーです。
電子ビューファインダー

電子ビューファインダー

電子ビューファインダー

ファインダーに顔を近づけると、自動で液晶モニター画面からファインダーへと表示が切り替わります。

ポップアップ式の有機ELファインダー搭載で、日差しが眩しいときでも快適に撮影できます。

ポップアップ式の内蔵フラッシュ
内蔵フラッシュ

内蔵フラッシュ

自撮りもできる180度チルト可動式液晶モニター
可動式液晶モニター

可動式液晶モニター

可動式液晶モニター

上方向に180度、下方向に45度まで角度調整が可能です。

液晶ディスプレイ
液晶ディスプレイ

屋外でも明るくて見やすい高輝度高精細ディスプレイです。

日本語でも表示も分かりやすくて、僕のようなド素人でも好感が持てます。

 

液晶パネルを保護するために保護フィルムも買いました。

やっぱりね、高級コンデジだから大切に使いたいですよね。

なので、保護フィルムもちょっと高級にしようと思って、ガラス素材で出来たグラスフィルムを貼ることにしました。


 

◆クロスフォレスト SONY RX100用ガラスフィルム

【日本製ガラス使用】 ラウンドエッジ Glass Film 「CF-GCSRX100」液晶保護フィルム
液晶保護フィルム

液晶保護フィルム

透過率や硬度など良質な性能を備えたガラス素材で作られたフィルムです。

強力な撥水撥油コーティングをしてくれて、摩擦耐久性にも優れています。

液晶保護フィルム

貼り方の説明書には、手順が図解で分かりやすく書かれていました。
保護フィルムの貼り方

実際に貼りやすかったですよ。

最初はちょっと位置がずれてしまったので、すぐに剥がしましたけど全然問題ありませんでした。
液晶保護フィルムを貼り付け

位置が決まったら、中央部分からちょっと抑えてあげると自然と吸着していきます。

気泡とかも入らないで簡単に貼ることができました。

ガラス素材なので、見た目も高級感がありますね~♪
液晶保護フィルムを貼ったところ

とうわけで、さっそく試し撮りしてみることにしました。
 

◆ソニーサイバーショットDSC-RX100M3で試し撮り

いや~、やっぱりハイエンドモデルは違いますね~!

画質がめっちゃ良いです。
 

◆RX100M3で撮影した画像

試し撮りテストサイバーショット 001

試し撮りテストサイバーショット 004

試し撮りテストサイバーショット 002

ド素人の僕でも簡単に高画質の画像や動画が撮れました♪
 

やっぱり8万円するだけのことはありますね~。

こんなカメラを持ってしまったら、これからますます動画や画像を撮影するのが楽しくなりそうです。
 

というわけで、これからRX100M3を使ってガシガシと撮影していきたいと思います!!

みなさん、お楽しみに~♪
(*゚∀゚)
 

>>ソニーの純正ジャケーットケースのレビューはこちら

 

◆ソニーサイバーショットDSC-RX100M3のご紹介

>>楽天でRX100M3の価格をチェックする

>>AmazonでRX100M3の価格をチェックする
 

◆RX100用液晶ガラス保護フィルムのご紹介

>>楽天で価格をチェックする

>>Amazonで価格をチェックする

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. ネスカフェゴールドブレンドバリスタでいろんなコーヒーを飲み比べ

    ネスカフェゴールドブレンドバリスタの開封から使い方まで。 いろんな種類のコーヒーを飲み比べ。 おウチが楽しいカフェになるって本当なのか!?

  2. ドンキホーテブランドの目元リラックスDMH-121-CGを使ってみました!

    ドンキホーテのオリジナルブランドから発売されている目元マッサージ器の目元リラックスDMH-121-CGの使い心地とは!?

  3. 【ベルボンのミニ三脚】ウルトラ353ミニを購入

    ベルボンのミニ三脚、ULTRA353miniを購入しました。 コンパクトサイズなんだけど、頑丈な作りで重厚感があります。 本格的なミニ三脚って感じですね。 これがあると撮影が楽しくなりそうです。

  4. ライトグラフィカの撮影用照明機材LED600スクエア1灯セットのレビュー

    やっぱり動画は明るくなきゃいけない!というわけで、ライトグラフィカの撮影用照明機材「LED撮影照明CN-600HS」を購入しました。 これでググっとプロっぽい感じに近づきました!

  5. 遠赤外線パネルヒーターRELIA収納カバー付きを買った理由とは!?

    遠赤外線パネルヒーターRELIA収納カバー付きのメリットとデメリット、そして実際に使ってみた感想を口コミします!

  6. ソニー ジャケットケース(ブラック) LCJ-RXF-Bを装着

    ソニーサイバーショットDSC-RX100M3の純正ジャケットケースを購入。やっぱりね、高級デジカメには純正のジャケットケースが一番お似合いですよね。

ページ上部へ戻る