ブログ

ネガティブ思考でいると血液が濁るんだってさ

DSC_0406

怒りとか悲しみとか不安とか・・・

ネガティブな感情になるとね、血液の色が古褐色に変色するんだって。

いつもネガティブな感情ばかり抱えているとだんだん血液が錆びついていくんですね。
 

それに比べて楽しいこととか面白いことを考えているとき、リラックスしているときの血液は非常に良好なんですね。
新鮮でサラサラな状態なんです。

血液って毎日毎日休むことなく、カダラの中を巡回していますよね。
体のあらゆるところに栄養を運ぶ大事な役割を果たしています。

だからこの血液をいつでも良好な状態にしておくことが大事。

怒りとか不安とか悲しみといったネガティブな感情ばかり抱えていると、濁った血液が体の中を流れるようになります。

つまり、病気になりやすいんですね。
 

体が不健康な状態になるってことですね。

うつ病になって会社に行こうとすると体が拒否反応を示すのもこのためなんです。
 
僕は毎日楽しいことばかり考えるようにしています。

マイナスな感情になりそうになっても、プラスの感情に変えるようにしています。

だってさ、血液がドス黒く濁った状態ってなんか嫌ですよね。
いつでもキレイでサラサラな状態で健康的な体でいることのほうがよっぽどいい。

仕事のパフォーマンスも上がります。
 

自己啓発でよくある「ポジティブ思考でいましょう」っていうのは、心の問題だけじゃなくて体にも関係していたんですね。

心と体を一緒に考えて、どっちもベストな状態にしておくことが理想なんだね♪
v(´∀`*v)
 

※ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
↓↓
にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 

◆みるみるランドへ移行のお知らせ◆

みんなのヒーローゆうきの動画ブローカーチャンネルをご覧いただきありがとうございます。
この度、動画や記事のクオリティを上げるべく、新たなチャンネルを立ち上げることにしました。

現在は、『みるみるランド』にて動画とWEBサイトを配信しています。
楽しい人、楽しいモノ、楽しい場所、楽しい出来事・・・
世の中のワクワクドキドキを配信する楽しさ追求バラエティ企画です。

応援よろしくお願いします。
⇒ みるみるランドの公式ホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る