ブログ

ベルボンの自撮り棒とミニ三脚をドッキング!

ベルボンオンベルボン

先日の動画で
ベルボンの自撮り棒とミニ三脚を紹介しました。

これね、どっちも便利に使えるアイテムです。

ベルボンの自撮り棒

ベルボンの自撮り棒
>>Velbon ULTRA STICK SELFIEのレビューはこちら

 

ベルボンのミニ三脚

ベルボンミニ三脚
>>Velbon ULTRA 353 miniのレビューはこちら
 

この2つなんですが、
実は同時購入してたんですよね。

なぜかって言うと、
あることをやりたかったからです。
 

それは、自撮り棒の説明書に書いてあります。

これです、これ!!
自撮り棒の説明書

そう、ベルボンの自撮り棒と
ベルボンのミニ三脚のドッキングです。

これをどうしてもやってみたかったんですよね~!
 

ベルボンの自撮り棒には、
グリップの底面に三脚穴が空いているんですよ。
自撮り棒の三脚穴

ここにミニ三脚を取り付ければ、
三脚の延長棒として活用できるんですね。
 

正直言って、
別にベルボンの三脚じゃなくても良かったんですけどね。

他のメーカーの三脚でも取り付けできますからね。
 

でもさぁ、やっぱりベルボンにはベルボンでしょ!!

同じメーカーのほうがしっくりくるしね。

相性も良いだろうと・・・
 

自撮り棒もミニ三脚も、
マックスまで伸ばすとけっこう長くなります。

・ウルトラスティックセルフィー
最長:725mm

・ウルトラ353ミニ
最長:477mm

合計:1,202mm
 

とうわけで、さっそくドッキングさせてみました。

ジャジャ~ン!!
自撮り棒とミニ三脚のドッキング
 

どうですか。

これが夢にまで見た
『ベルボン on ベルボン』です!!
 

けっこう高さが出ますよね。

これならハイアングルからの撮影も可能になります。
 

通常のサイズでドッキングさせるとこんな感じ。

高さは約33cmです。
通常サイズのドッキング
 

ウルトラ353ミニは自由雲台なので、
ここを動かすといろんな角度で調整できます。
自由雲台で角度調整

こんな面白いアングルも可能です。
ローアングル撮影

ベルボンのミニ三脚は
雲台がしっかりしているので安定感があります。
 

また、ミニ三脚の自由雲台を取り外すこともできます。

これだと安定感が出てきますね。
雲台を取り外してドッキング

さらに脚を開いてやると高さがさらに縮まります。

この状態で高さが約27cmです。
脚を開いた状態
 

ベルボンの自撮り棒もミニ三脚も
どちらもコンパクトで軽いです。

旅行とか外出先に気軽に持っていくことができます。

ベルボンオンベルボン

ドッキングさせれば
普通の三脚の代わりとしても使えるので、
いろいろと活躍してくれそうです。
(*゚∀゚)
 

※人気ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!
↓↓

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る